マンション売却や住宅の任意売却でリスクを減らし物件を高く売る

house

土地の価格

土地査定の2つの方法

土地の価格は、その土地所有者の関心ごとのひとつです。土地を査定するには、不動産会社に査定をお願いする方法があります。査定には大きく分けて2種類あります。一つが簡易査定でもう一つが実査定です。簡易査定は、インターネットを使って簡単に土地の価格を調べる方法で必要な項目を記入すればできます。この場合、その査定方法は土地の広さなどから割り出します。もう一つが実査定というものです。これは、実際に不動産会社の人に来てもらいその土地の価格を調べてもらうことです。この場合はより詳しく金額がわかります。順番としては、最初にインターネットで価格を調べて、より詳しく知りたい時は実際に不動産会社の人に来てもらうという方法が良いでしょう。

広告の額で売れるわけではない

査定をしないまでも、土地についてその価格を知ることができる場合があります。それは、広告です。よく家のポストに広告が入っていることがありますが、その広告に自分が所有する土地と近い場所で、しかも同じぐらいの広さのところを見つけるとすれば、その価格を知ることで、自分の土地の価格もおおよそわかることがあります。では、その広告に載っている価格は実際に自分が売った時にの同じ額で売れるのか。例えば2500万円で売り出している場合、自分の土地も2500万円で売れるのでしょうか。実は、そんなことはありません。何故なら、その価格で売れるかどうかはわからないからです。実際に売れる時には2000万円ぐらいに値下がりしている可能性もあるのです。