マンション売却や住宅の任意売却でリスクを減らし物件を高く売る

house

任意売却で返済

任意売却での金額の傾向について

任意売却とは、住宅ローン返済が滞った際に利用する物件の売却手段です。ローン滞納から差し押さえまでの限定された期間内に買い手を探す必要があります。それを仲介業者に依頼して行うことになるものです。かつては専門の機関に任せるケースが多く、その売却金額は競売にかけられるよりは有利な条件といったものです。 最近では一般の仲介業務を行う不動産業者が手掛けることも多く、そのために任意売却における金額も高めとなる傾向があります。もちろん、期限内に確実に売却するために、周辺相場よりも安い金額設定とするケースは多いものです。それでも差し押さえの後の競売で処分されるよりは遥かに有利な条件で手放すことが可能となってきたわけです。

これまでの歴史の変遷とは

そもそも任意売却は、バブル崩壊によって多くの住宅が差し押さえられ、また競売におけるトラブルが多発したことを受けて誕生したものです。競売ではなく、話し合いによって買い手との金額交渉を行って処分する専門機関が誕生したわけです。これにより、差し押さえ物件を安心して購入できる形となったわけですが、それでもその売却金額は決して満足のいくものではなかったわけです。 そこで、債権者の審査を通った仲介業者に限りローン滞納物件を任意売却できる体制ができてきたわけです。債権者としても、少しでもローン残債を回収したいとのことから、債務者との利害が一致するものとして広く普及することになったわけです。現在では大手の不動産業務も多く参入しているものです。