マンション売却や住宅の任意売却でリスクを減らし物件を高く売る

house

マンションの売却

売却に関する歴史について

分譲で購入したマンションを売却する人は少なからずいます。 様々な理由がありますが、より良いマンションなどを求めて売却する人がいるようです。 マンション売却の歴史は分譲マンションが建ち始めた1950年代頃から続いています。 当時は高度経済成長期などにより日本経済が今以上に好調な時期でした。 ですから地価価格は現在の2倍から3倍になっている地区もあり、それに比例してマンションの価格も高い傾向が続きました。 当然物件の価格が高ければ高いほど、売却時の価格も高く、買値の6割以上で売却できる物件もありました。 現在、政府の経済政策により日本経済は成長に向けて動き始めています。 大都市などを中心に地価価格は上昇している為、売却価格も上がると期待されています。

今後のマンション売却の動向について

上記で記述したように地価価格の高騰により、1億円を超えるような物件でも購入者が増加しています。 その為、分譲マンション自体の需要が高まっています。 需要が高まることはよいことであり、売却価格を上げる理由の1つにもなります。 そのマンション売却についてですがなども関係しています。 建設されてから5年から10年ほどのマンションであれば、ほぼ新築同様と見なされ、売却価格も購入時の6割から7割近くになることもあります。 更に、マンション売却をする上で注目すべきなのは部屋の使用度です。 傷などをあまり付けずに生活をしていたマンションを売却すれば、上記価格以上の売却価格になることもあります。 ですからマンション売却で受け取れるお金は、地価価格と部屋の使用度によって変わると言えます。